「税金を高くしたくないから、あえて副業の収入を抑えている」という方もいるのではないでしょうか?
実は、その方法はあまりおすすめではありません。
では、どうしてその方法はおすすめとは言えないのでしょうか?

副業をする上で、確かに税金というのは大きな壁ですよね。
どのネット副業をするにしても、税金は出来るだけ安い方が良いのは間違いありません。ですが、払うべき税金を下げるために、副業収入をあえて抑えても、実質的に入るお金が減るだけの場合がほとんどです。

では、例えば皆さんに、プログラミングのスキルがあったとします。
本気で副業をやれば、月収30万目指せる程度のプログラミングスキルです。
しかしながら、確定申告を割けるために、あえて月1万程度に留めていたとします。

これって、確かに後者の方が払うべき税金は少なくて済みますよね。
1万ですから、所得税の申告は必要ありません。
しかし、実際に収入として高いのは前者なわけです。確かに、税率もその分上がりますが、収入も高いので、実質的に手取りで二十数万はあるでしょう。

その差は「20万以上」です。
皆さん、20万以上ってとんでもない差だとは思いませんか?
20万も違うと、もはや生活が全く違うと言っても過言ではありませんよね。

今の例は可視化された例なのでまだ良いのですが、「副業収入を抑えている」という人が、実際的な実力としてどれくらい稼げるのかは、実際にやってみないとわからないのです。
つまり、実際に皆さんが、その抑えている収入を一度超えてみなければ、どれくらいまで行けるのかが分からないという事になります。

そのため、副業収入を抑えるのはおすすめしないのです。
そして、副業収入を抑えている方の多くは、実際に税率が一気に跳ね上がるほどの副業収入を得たとしても、税率は確かに高くなっているものの、手元に残るお金は、数倍。場合によっては、数十倍になっている可能性もあります。

特に、月1万で抑えている方にありがちなのですが、「確定申告ってなんだか難しそう」だとか「面倒くさそう」というイメージがあると思います。
しかし、実際にやってみると、そこまで大変ではない事が分かります。

一度だけでもいいので、確定申告をやってみてほしいです。
一度やれば、後は慣れてそれ以降は抵抗がなくなってくると思いますから。
皆さんも、副業収入を抑えずに頑張って欲しいと思います。